経営幹部紹介

Colin M. Angle(コリン・M・アングル)

会長兼最高経営責任者(CEO)、共同創設者

コリン・アングルは、アイロボット社の共同創設者の1人で、1997年6月にCEO、2008年10月に取締役会会長に就任。それ以前は、1992年10月から社長、同10月から取締役を務める。共同創設者およびCEOとして、会社を牽引。米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)において挙動制御ローバの設計に携わり、この研究がその後、1997年の火星探査で活躍したSojournerの開発へとつながった。マサチューセッツ工科大学(MIT)にて、電気工学学士、コンピュータサイエンス修士を修得。

Alison Dean(アリソン・ディーン)

上席副社長、最高財務責任者(CFO)、財務部長兼会計主任

2013年4月より現職。2010年2月から2013年3月までコーポレートファイナンス担当上級副社長、2007年3月から2010年2月までファイナンス管理・分析担当副社長、2005年8月から2007年3月までファイナンス計画・分析担当副社長を務めた。1995年から2005年8月までは3Com社にて、副社長兼財務担当責任者(2004年〜2005年)、ワールドワイド営業の財務担当副社長(2003年〜2004年)などを歴任。ブラウン大学にて経営学学士、ボストン大学にてMBAを修得。

Russell J. Campanello(ラッセル・J・カンパネロ)

人事・広報担当上席副社長

2014年2月より現職。2013年7月から2014年2月まで人事・広報担当上級副社長、2010年11月から2013年7月まで人事担当上級副社長を務める。アイロボット社入社前は、2008年4月から2010年9月までPhase Forward社にて人事・総務担当上級副社長、2003年9月から2007年10月まで業務プロセス・情報技術コンサルティング企業のKeane社にて人事・マーケティング担当上級副社長、2000年8月から2003年2月までNerveWire社にて最高人事責任者、1997年11月から2000年7月までGenzyme社にて人事担当上級副社長を歴任。それ以前には、Lotus Development社にて9年間、人事担当副社長を務める。マサチューセッツ大学にて経営管理学学士を修得。

Christian Cerda(クリスチャン・セルダ)

最高業務執行責任者(COO)

2016年5月より現職。2015年2月から2016年5月まで上席副社長兼消費者製品事業の統括責任者、2013年5月から2015年2月まで上級副社長兼統括責任者を務める。当社のグローバル営業、グローバルサプライチェーンのトップとして、販売、営業、製品管理、製造、サプライチェーンを直轄。アイロボット社入社前は、2010年4月から2013年3月まで多国籍家電メーカーのWhirlpool社にて販売・営業担当部長兼副社長として、販売、営業、ブランドコミュニケーション、製品開発およびオペレーションの責任者を務める。それ以前は、Boston Consulting グループのプリンシパルとして消費者製品を担当し、およびProcter & Gamble(P&G)社にて勤務。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にて優秀な成績でMBAを修得。シモン・ボリーバル大学(ベネズエラ)にてコンピュータ工学学士を修得。

Tim Saeger(ティム・セイガー)

エンジニアリング担当上席副社長

2015年8月に、現職で入社。2005年から2015年までBose社にてホームエンターテイメント担当副社長、製品開発担当副社長などを歴任。それ以前は、Thomson社、General Dynamics社にてエンジニアリングおよびエンジニアリング管理部門のさまざまな職に従事。オーバーン大学にて電気工学学士、テキサス大学アーリントン校にて電気工学修士を修得。24件の米国特許を保有。

Glen D. Weinstein(グレン・D・ワインスタイン)

上席副社長、最高法務責任者(CLO)

2012年8月より現職。2000年7月から2012年8月まで当社ジェネラル・カウンセル、2005年1月から2012年8月までは上級副社長を務める。2004年3月から法人書記役も兼務。アイロボット社入社前は、ワシントンDCのCovington&Burling法律事務所に勤務。MITにて機械工学の学位、バージニア大学法学院にて法務博士を修得。

ページトップへ戻る