ルンバと主婦の掃除機のヘッドの軌道を追い
指定された床面積の何%を掃除できたか比較検証しました。
測定結果
一般的な住宅のフロアを掃除し、キッチン、リビング、ダイニング、廊下の4箇所で観測
主婦5人の平均値とルンバを3回稼動させた平均値を比較
<GIS/画像処理専門家 内山浩二郎氏による監修>
人間は部屋の約26.4%ものエリアを掃除できていないことが判明
ムービーを見る
大きな差がついた理由を
行動心理学の視点から解説
駒沢女子大学 人間関係学科
教授  富田 隆
その1.家具の下に大きな差

人間は視覚に依存してしまう生き物。見えているものに関して、確実にそれを綺麗にしていく。しかし「見えない」ところに弱いのです。家具の下などは見えていないので、なんとなくやったつもりになってしまいます。

その2.注意力にはムラがある

人間は手応えに弱い生き物。カーペットのように「手応え」を感じるとつい執着してしまいます。その分心理的エネルギーを消費してしまい、他のことに気が回らなくなり、掃除がおろそかになってしまいます。

人間は機械的に全てのことを順番に処理していくことは得意ではありません。逆に、ロボット掃除機は、きっちりと隙間なく掃除することが得意で、さらにスッキリとした達成感と自由な時間をくれます。
あなたもルンバでCLEAN HACK
AeroForce®クリーニングシステム搭載。パワフルな
清掃力と使いやすさを両立したハイエンドモデル。
iAdapt®2.0 ビジュアルローカリゼーション搭載。
ルンバ史上最高の清掃力で、家中のフロア全体を
清掃できるフラッグシップモデル。
ページトップへ戻る